loading
関根 輝彦
新卒入社会計士補関根 輝彦出向中(提携先の監査法人)
  • 私のRareなところ人にも自分にも負けたくない
  • 私のCoreなところ思いを汲み、経営を動かすリーダーに
PROFILE

大学3年時に会計士試験に合格。就職活動を経て、エスネットワークスへ入社を決意。その後、内定者としてアルバイトでの勤務を開始し、常駐支援の案件などを経験。入社1年目はグローカル事業本部に配属され、ローカルエリアの企業へのコンサルティング業務を経験したのち、現在は提携先の監査法人へ出向をしている。

えっ、もう常駐ですか!?

学生の頃からリーダーを務めることが多く、周りを仕切って人を動かすことが好きでした。社会人になってもリーダーとしてより多くの裁量を持って働きたい。そう考えた時に一番に思い浮かんだのが経営者という職業だったんです。将来経営者になることを見越して、会計に関する知識を得ようと思い猛勉強の末、大学3年時には会計士試験に合格しました。専門学校時代の友人のほとんどが監査法人に就職しましたが、私は監査という業界や業務にこだわりを持って会計士を目指していたわけではなかったのでコンサルティング業界も視野に入れて就職活動をしていました。そんな時に出会ったのがエスネットワークス。何よりも若いうちから経営者の近くで経営に近い経験が積める点に魅力を感じ、入社を決めました。
求めていた経営に近い環境は、想像よりもはるかに早く訪れました。会計士試験に合格していたこともあり、内定者時代のアルバイトで運良く常駐支援のお手伝いをさせていただけたんです。入社する前から先輩社員のやりとりを間近で見ることができ、当社の特徴である常駐支援の魅力を肌で感じることができました。特に驚いたのはお客様との距離の近さ。まだ内定者の見習い社員だった私も、案件が終了する際にはお客様からハンカチのプレゼントまでいただきました。お客様からこれだけ信頼される仕事はなかなかできないと思いますし、今度は自分が中心になって企業の変革に携わりたいという想いが強くなっていきました。

考えるのをやめたら、成長も止まる。

入社後の研修が終わり、現場に配属されてすぐに福島のレジャー施設を運営されている会社様の販促支援案件に携わらせていただきました。最初は右も左も分からない状態だったので、都度先輩に確認しながら作業を進めました。その中でも先輩から必ず求められたのは、わからないなりにも自分の考えを持つこと。自分の意見を持たずに指示を仰ぐだけでは、自分の力はつきません。どんなにわからないことでもまずは自分の考えをぶつけてみる。その上で、先輩のフィードバックから学びを得て業務を自分のものにしていきました。お客様との打ち合わせでも議事録を取るばかりではなく、常に意見を持つように心がけていました。若者視点での意見を述べる機会も何度かいただき、実際に私のアイデアが採用されたことも。その姿勢を評価していただけたのか、最終的には社長から直接お電話もいただくほどの信頼を得ることができたんです。自分自身を成長させるためにも、案件を進めるためにも、お客様からの信頼を勝ち取るためにも自分の考えを持ち続けることが非常に重要だと感じた1年目でした。
もともと予定していたご支援の内容は入社2年目の5月で終了しましたが、その後アフターフォローの依頼をいただくことができ、引き続き当社メンバーが伴走しています。プロジェクト終了後も一緒に仕事をして欲しいと言っていただくことができ、個人的には少しでも顧客の一員として認めてもらえたのかなと思います。自分たちのやってきたことをお客様に価値と感じてもらえることはやはりとても嬉しいですし、これからも各案件でお客様に寄り添い続けていきたいです。

知識だけでは経営者になれない。

エスネットワークスで経験できる案件は、お客様の業界もコンサルティングの内容も多岐にわたります。自分のやる気次第では、経営をしていくために必要なほとんどの知識はエスネットワークスで学ぶことができるといっても過言ではないと思います。一方で、専門性の高い業務を行う人たちの横でより深い知識を身につけることもできます。幅広いコンサルティングの知識、より深く鋭い専門的な会計の知識。そのどちらも経験しながら、経営者としての多角的な視点を身につけていくための環境が当社にはあります。
その上で、知識の他にもう一つ経営者にとって重要なスキルだと思っているのが、現場を動かす力です。これはお客様に寄り添い続ける力とも言えると思います。言葉で伝えるだけではなく、行動でも想いを表しながら、周りの人の感情を動かしていくことが、経営にとっては不可欠です。先輩方を見ていても、どなたも非常に勉強家で、お客様のための努力を惜しまない方だと感じます。先輩方の背中を見ながら、現場と人を動かすスキルを学び、経営者として羽ばたく準備をしていきたいと思います。

OTHER PERSON