loading
中途入社Miki.T会計系コンサルティングファーム経営/2019年入社
  • 私のRareなところフィリピンで会計系コンサルティングファームを経営
  • 私のCoreなところ「やりたい」を制限されないフレキシブルな働き方
PROFILE

新卒で大手金融機関に入社。その後、USCPA(米国公認会計士) の試験に合格し、フィリピンに移住。コンサルタントとして勤務した後、現地で会計事務所系コンサルティングファームを開業。その後、エスネットワークスに参画し、現在は子育てをしながらバックオフィス部門の管理を行う。

自由な人生を追い求めたい。

前職は、フィリピンの会計系コンサルティングファームを経営していました。個性的なキャリアの社員が多い社内でもかなり特殊な経歴ですが、エスネットワークスに入社したことはある意味必然だったと感じます。私が一貫して追い求めてきたのは、自分のプライオリティに従って自由に働ける環境でした。

新卒で入社した大手金融機関を3年で退職し、知人からの誘いを受けフィリピンでコンサルタントに。その後一度はフィリピンでフリーランスとなり、趣味のサーフィンをしながら気ままな生活を楽しみました。

会社を立ち上げることになったのは、とある企業から提携の提案を受けたため。日系企業のアジア進出支援を立て続けに行うことになり、社員を雇って会社を設立。経営者としての仕事では、自分の意志で会社を動かす楽しさの反面、一人で難しい決断をしなければならない孤独感も味わいました。日系企業の進出がひと段落したタイミングで、会社の展望や自身の将来を考えるようになり、事業の売却を検討していた時にエスネットワークスと出会ったのです。

特に共感したのは、働き方に対する考え方。当時フィリピンの事務所の9割が女性社員で、私自身も出産を視野に入れていました。一緒になるなら、女性の働き方やライフイベントに理解のある会社で、と考えていた中、コロナ前から在宅勤務の導入を検討し、女性でも柔軟に活躍できる会社を本気でつくろうとするエスネットワークスはとても魅力的でした。

この会社なら安心して一緒になれると思い、2019年に参画を決意しました。

頼ってもいいと思える人がいる。

現在は日本法人でグローバルコーポレート本部に所属し、海外子会社の経理関係や人事総務などバックオフィス部門に関する管理をする仕事をメインに担当しています。働く国が日本になったという変化はもちろんですが、私にとってさらに大きな変化は、子育てをしながら働いていることです。

朝夕の保育園への送り迎えや、子どもの急な体調不良への対応。子育てのプライオリティが上がった中でも、かなりフレキシブルにストレスなく働けています。その理由は在宅勤務など制度面の充実はもちろん、周りのメンバーに頼ることができているからだと感じます。

フィリピンで仕事をしていた頃は、経営者としてプライベートな時間はほとんどなく常に会社のことを考えていました。「最終的には自分がやらなければ」という責任感が強く、仲間に無理を言ったり、頼ったりすることが、経営者という立場であるためなかなかできなかったのです。一方、エスネットワークスはメンバーの数が多いだけでなく、お互いを理解し合う風土があるため、イレギュラーな対応も仲間の力を借りながら乗り越えていける安心感があります。子育てをしながら働く社員をサポートする雰囲気が当たり前のようにあり、制度だけでなく、制度の使いやすさという点でも申し分ありません。様々なライフステージにおいて自分らしい働き方でキャリアを積み上げていける会社だと感じています。

子育て後のキャリアも、連続して見えている。

エスネットワークス参画時、働き方の他にもう一点強く共感したことがありました。それは、フィリピンにエスネットワークス日本法人のバックオフィス部門をBPOし、機能を集約させるという構想です。子育てがひと段落した後のステージでは、この構想に本格的に着手することを考えています。今は、その準備段階として、日本で管理部門のノウハウを蓄えています。

日本に帰国してからしている仕事は、フィリピンで経験してきた業務に近い内容ではあるものの、扱う会社の規模や注意すべき観点は全く異なります。特に内部統制という観点では、フィリピンにいた時より厳しい仕組づくりをする必要があるため、これまで持っていなかった視点や考え方が鍛えられ、知見も広がっています。

子育てしながらでも、フレキシブルに働いて、先のキャリアに必要なスキルを蓄えることができる。それぞれのライフステージを100%楽しみながら、仕事も着実にステップアップしていく。産休や子育てを経験したのちも、キャリア像を連続して描いていけるのが、エスネットワークスの魅力の一つです。働く女性のロールモデルとなれるよう、日々の仕事に取り組みながら、私らしい自由な人生を実現していきます。

OTHER PERSON