loading
小嶋 晃弘
中途入社公認会計士小嶋 晃弘経営支援事業本部 1部 部長
  • 私のRareなところ誰よりも自分にとっての経営者
  • 私のCoreなところ経営者輩出事業の経営者に
PROFILE

大学在学時に会計士試験に合格。その後、新卒で監査法人に入社。約3年間、金融監査部に所属し監査業務を経験した後、2014年にエスネットワークスにジョイン。数々の常駐先で経営を変革し、実務経験を積む。現在は経営支援事業本部 1部の部長として経営者を輩出するための事業構築に挑戦中。

自ら判断する環境を求めて。

私が学生だった頃、世間では初めてiPhoneが発売され、SNSをはじめとしたネット媒体も急速に発展してきていました。社会にどんどん情報が溢れだした時代に自分の頭で判断して、後悔のない行動をするにはどうしたらいいか。そのためには社会の仕組みをもっとよく知る必要があると思ったんです。その一つの観点として、企業や経営という切り口で世の中を理解しようと思い、会計士資格を取って、監査法人で3年間働きました。前職では、監査業務を通して、企業のお金や経済の回り方を非常によく学ぶことができました。しかし、監査法人の仕事は数字があっているかあっていないかが最も重要視される世界。そこには自分で考えて判断するプロセスがなかったんです。
監査法人での3年間で、自分の頭で判断を下すための正しい目はある程度身につけることができました。その「目」を活かして、次は実際に意志決定が求められる環境に飛び込もうと転職を考えていた矢先、出会ったのがエスネットワークスでした。常駐先に入り込むスタイルはまだ珍しく、自らの判断を頼りに現場を動かしていく仕事に魅力を感じたのを覚えています。若いうちに自分の幅を広げたいという気持ちもあり、監査とは真逆に現場で動くエスネットワークスに転職を決めました。

意志を持って、役割を飛び越える。

ある案件で、もやしの製造・販売を行っている企業に常駐したことがありました。オーダーとして求められていたのは、財務状況をまとめた資料を作成すること。対価は、その資料に払われるわけなので、資料をつくってしまえば案件としては終わりです。しかし、数字を見ていくと原価と売上が微妙に釣り合わないことがわかってきました。つまり、仕入れているのに、売られていないもやしがあったわけです。売られていないもやしは一体どこに消えたのか。毎日工場に通い、従業員さんと話し、工程を一から確認したところ、本来200g入りのはずのもやしパックすべてに230g近くもやしが入っていたことが判明。たかが30gでも積み重なるとかなりのコストカットが見込めます。きちんと重さを量ってパック詰めできるよう機械を導入し、技術士の職員の力も借りることで、10%のコスト改善に成功しました。本来の仕事ではないもやしの重さの量り方の指導まで現場に踏み込んで改善していったことで、常駐先に変革が起きたんです。
一言で常駐と言っても、PCを持って現場にいるだけの常駐なら誰にでもできます。そこからコンサルタントが意志を持って、役割を飛び越え、本来頼まれていないことにすら踏み込んでいく。依頼の先にある本質的な課題をとらえ、解消し、顧客を変えていく。これは他社にはないエスネットワークス独自の価値なのではないかと思います。

経営者を輩出する経営者に。

長年、現場での常駐を経験して数々の企業の変革に立ち会ってきました。その経験から感じるのは、人は正論だけでは動かないということ。いくら正しい判断を下せたとしても、周りの人が動かなければ変革は起こりません。周りを動かすために、社員の足並みをそろえる仕組みをつくったり、日々の振る舞いにこだわって信頼関係を地道に築いていったり、常駐先で様々なアプローチを試してきました。その試行錯誤の経験はまさに、経営者を目指す上で重要な経験であると感じます。
私は現在、経営支援事業本部の運営を担っております。経営支援という名前のとおり経営者の支援が主な役割なのですが、将来的には当社のもう一つの理念である「経営者の輩出」ができる組織をつくりたいと思っています。すなわち経営者を輩出する経営者になりたいんです。優秀な経営者を輩出し続けるプラットフォームとして、現在の経営支援機能とセットで社会にとってより有意義で大きなインパクトを与えていきたい。一方で、私が知る限り、こうした事業は日本にも世界にも他に例がありません。先例がないからこそ、理想の事業の形を自分の頭で考える必要があります。きっとトライアンドエラーの連続だと思うんです。だからこそ、その一つひとつの判断を楽しみながら、経営者輩出事業の経営者を目指していきたいと思っています。

OTHER PERSON