loading
呉 欣栄
中途入社呉 欣栄グローカル事業本部 企業情報部
  • 私のRareなところ未知の世界に対して好奇心がある
  • 私のCoreなところ経営者の心の拠り所になる
PROFILE

大学卒業後、中国の大手税理士法人に入社。中国・華南地域に進出している日系企業に対して、移転価格税制に関するコンサルティング業務を2年半ほど経験。その後、日本の事業会社を経て、2019年にエスネットワークスに入社。現在は、グローカル事業本部 企業情報部にてM&Aの推進を担当。

未経験者にもチャンスがある。

コンサルティングファームと事業会社で働いて思ったことは、コンサルティング業務の方が刺激が多いということ。だから転職活動では、コンサル関連の企業以外は選択肢にありませんでした。そんな私が数ある企業の中からエスネットワークスを選んだのは、未経験者にもチャンスを与える風土が根づいていたから。それと、もう一つは業務内容に惹かれたからです。今、私が担当しているM&Aの業務は、営業的なコミュニケーションに加え、資料作成のスキルも、会計税務や法務などの知識も必要になる仕事です。M&Aという業務を通して、自分の可能性を広げられることに興味が湧き、未経験ながら当社に飛び込みました。
入社当時は、ミーティングで出てくる言葉の意味がまったく理解できず、M&Aの業務に携わっている人なら当たり前に知っている「スクイーズアウト」も分からない状態。だから入社してしばらくの間は、知識面で追いつくのに必死でした。その差を埋めるために、通勤時間を利用してネットで調べたり、新聞記事を読んで経営者の関心ごとを把握したり、積極的に社内勉強会に参加したり。それでも分からないことは、先輩に聞いて補っていました。これは今も継続していることですが、会社の福利厚生制度の一つである「書籍助成制度」を使って、仕事で必要な本はどんどん買って勉強をしています。

同じミッションを実現する仲間として、信頼関係をつくっていく。

M&Aは、買い手と売り手をつなぐビジネスですが、ご支援の方法がその時求められる立場で異なり、買い手・売り手のどちらかに付く「アドバイザリー」と、両者の間に入る「仲介」の二つがあります。エスネットワークスでは両方とも手掛けていますが、最近は前者のアドバイザリーを担う業務が比較的多いです。特徴は、なんといっても顧客との距離の近さ。まるでその企業の一員のように入り込んでプロジェクトを動かしていきます。私が入社して半年経った頃に携わった案件について、当時のエピソードをご紹介します。
プロジェクトの内容は、私たちエスネットワークスが買い手側につくアドバイザリー案件。顧客は1ヶ月というタイトなスケジュールの中で、買収を検討されていました。売り手の企業価値(買収価格)について検証してほしいという依頼に対して、私たちは財務、税務、法務や労務といった各分野の専門家を集めて、デューディリジェンスを実施。その時のメンバーは、当社メンバーの他、顧客側の経営チーム、専門家を合わせて総勢30名。私は各関係者の役割分担を明確化し、それに応じた会議体や連絡方法を設定、プロジェクトの推進を担当しました。顧客の業界知識やビジネスモデルを短期間で理解しながら、毎週打ち合わせを行い、PDCAサイクルを何回転もさせました。専門家と顧客側のプロジェクトメンバーに対して密に連携をしたことで、結果、期限内に依頼されたミッションを達成。最終的に買収には至りませんでしたが、この案件によって顧客からの信頼が高まり、新たな案件のご相談をいただいています。

経営者の心をときほぐす。

税理士監査法人時代の顧客は、大手企業が中心でした。私自身が直接経営者とやりとりをすることはなく、担当窓口は部門長クラスのメンバーばかり。私が日々コミュニケーションをとる相手は上司や同僚ばかりで、ひたすらレポートをまとめるデスクワーク中心の働き方でした。一方、エスネットワークスではM&Aということもあり、直接経営者とお会いしてやりとりをしています。私が担当している企業は、年商数億から数十億ほどの規模のため、経営者との距離が近い環境で仕事ができています。前職では、自分が作成した資料に対して顧客の反応を把握できなかったのですが、今は自分で作成したものを自ら経営者へ提案しています。目の前で顧客の反応を見ることができるのは、やりがいになっています。
普段、仕事で意識していることは、いかに経営者と信頼関係を深められるかということ。M&Aは一見、ダイナミックな仕事と思われがちですが、実際は会社の事業および従業員をはじめ、多くの関係者の将来に関わることなので、経営者は身内にすら悩みを話せない場合もあります。そんな経営者の心をときほぐすため、会社の課題に着目し、ヒアリングや資料調査を通じて経営者と共に課題解決のソリューションを考える。「買えればいい」「売れればいい」という考えではなく、経営者と同じ目線に立って、経営者に安心を提供し決断をサポートすることで、信頼関係を築いています。
今後のキャリアについて今考えていることとしては、まずはM&Aのプロとして独り立ちしたいですね。経営者のパートナーとなれるよう、引き続き実務を重ねて勉強していきます。

OTHER PERSON