前職は新卒で入社し15年間在籍していたのですが、その間、人事部で採用や人事制度企画、労務などHR領域に関する業務を一通り経験しました。そのようなキャリアの中でラスト5年間は、子会社の役員として出向したのですが、その経験を通じて私のキャリアの方向性が変わったと思います。

子会社では飲食事業やエンターテイメント事業など様々な新規事業をやっていましたが、内部体制はあまり褒められたものではありませんでした。社内の管理体制を構築していくことからはじまった私の仕事は管理会計や労務管理を徹底することが求められ、あらゆる業務に奔走する日々を過ごしました。今振り返ると激動の時期でしたが、会社のあらゆる業務に自ら手を加えていくのは、とても面白いとも感じていたのです。

そんな折に、たまたまエスネットワークスに転職した先輩から話を聞く機会があり、結果として入社することに!エスネットワークスが強みとする常駐支援の話に心が強く動きました。子会社に出向して経験したことを、様々な変革期にある企業の支援に活かすことができると思ったことが理由です。

入社後、初めて担当したプロジェクトは人事の課題からはじまった常駐案件でした。当初は人事制度と採用面でのご相談だったのですが、クライアントとの度重なる対話を通じて、人事制度よりも改善すべき数々の課題を発見し率直にお伝えしたんです。その結果、まずは組織のミッション策定、そしてそれをもとに人事の管理体制や労務管理の改善まで一貫して行っていくというスケールの大きな施策に昇華していきました。現場で役割を限定しない常駐支援だからこそ、顧客の真の課題を発見することができ、入社前に想像していた働き方ができたプロジェクトでした。

今求められているのは、経営全体の戦略に紐付けて人事制度を設計したり、その制度が軌道に乗るまで寄り添い、経営全般の視点を持つパートナーだと思っています。私自身がいつか経営者になれるよう、経営と現場の視点を常に忘れず様々なプロジェクトに関与していきたいと思います。

OTHER PERSON